何を求めるかによって通信会社はかわる

時期までは覚えていませんが、当時加入していたKDDIのADSL回線のサービスが終了する際に、KDDIの営業電話にてauスマートバリューの特典が受けられる代替えのインターネットサービス会社を何社か紹介されて、そのうちの一つがジェイコムでした。
当時はADSLから光回線に鞍替えするユーザーが増加傾向にありましたが、パソコンで動画を見ることもほぼなく、大きなデータのやり取りは特に想定しておりませんでしたので、紹介された会社の中でトータル的に安くなる会社と判断し、ケーブル回線であるジェイコムに切り替えることになりました。
切り替え当時は速度的な要望は特に感じておりませんでしたので、出来れば継続してADSL回線を利用していたかったのが本音ですが、KDDIの営業にauとのセット割引が出来る他社のADSL回線がなかったので正直妥協した形にはなりましたが、切り替えの契約をした際のキャンペーンで3か月間無料でしたので、どうせ使えなくなるんならという気持ちが有ったので特に個人的な思い入れも、感慨も有りませんが、同時に不満も感じていません。
仮に不満があるとすれば、携帯料金でも言えることですが、利用頻度が少ない人には毎月の固定費がとても高く圧し掛かります。
現在においてはパソコンで仕事をするようになり、調べ物をする際などにある程度の速度が有りましたので、あまりイライラすることはありません。
しかも40Mコースでの契約ですが、5月から毎月の料金は据え置きで、120Mコース(下り120Mbps/上り10Mbps)に変更になりましたので体感的な速度もわずかながら上がりました。
特に速度的な違いを感じるのは、Wi-Fi接続でスマートフォンを使用した際の速度があまり気にならないレベルになり、一部屋だけ電波が届きにくい部屋での使用は大概接続までの時間が長いために途中でタイムアウトになっていましたが、おかげさまでタイムアウトをすることもほぼなくなりました。
個人的にはあまりテレビを見ませんですし、映画や海外ドラマでしたら好きですが、見る時間もあまりないので契約はしていませんが、ケーブルテレビとのお得なパックプランも用意されているので、老後に自由な時間が出来たならば、契約してみたいと感じています。